新着記事

朝日杯FSは芝初挑戦のアジアエクスプレスが力強く差し切り勝ち


朝日杯FS

1着 アジアエクスプレス
2着 ショウナンアチーヴ
3着 ウインフルブルーム

中心馬不在となった今年の朝日杯FSはダートで2戦2勝の4番人気アジアエクスプレスが力強く差し切って快勝。
2,3着には好位から外を回したショウナンアチーヴとウインフルブルームが入り、内を突いた1番人気アトムは5着まで。外有利になった部分はあるのかもしれませんね。

勝ったアジアエクスプレスはここまでダートで2戦連続の圧勝。血統的には完全にダート血統で芝が不安視される向きもありましたが、この日の中山は力もいる馬場状態で、1.34.7、レース上がり36.1という時計がかかるレースになった事もこの馬に向いたのではないでしょうか。
今後の使い方が気になるところで、基本的にはダート馬だと思いますが、既にG1馬となったこの馬の目標になりそうなダートのレースは3歳春にはありません。ドバイのUAEダービーもAWですし、やはり皐月賞が目標になってくるのでしょうか?
なお、エリカ賞を圧勝したバンドワゴンも同じ馬主さんで、非常に楽しみな2頭で春へという事になりそうです。

2着のショウナンアチーヴはショウナンカンプ産駒で初の1600mと距離が不安視されていましたが、今回は非常にいいレースをしました。
今後も距離を探りながらという使い方になってくると思いますが、母ショウナンパントルという良血馬でもありますしこちらも楽しみな1頭です。

3着ウインフルブルームは難しい外枠からの先行でよく踏ん張ったと言ってもいいのではないでしょうか。
こちらは距離が伸びても大丈夫そうですし、スタートが抜群にいいので中距離でならもっと余裕を持ったレースができそうです。
3着でよく走ったとはいえ、賞金は加算できていないのでまずはそこですね。



コメントを残す